艇議了崔 仟孤瀝瞋 >> 晩囂昆囂彿創 >> 箝誓猟嫗
 
 
晩囂秘壇心頼厘宸頭猟嫗N4淫狛
晩豚2021定01埖06晩  猟嫗恬宀斎兆

1 、はじめまして。 兜肝需中。
2 、どうぞよろしく。 萩謹購孚。
3 、よろしくお┐佑いします。 萩謹購孚。
4 、こちらこそよろしくお┐佑いします。 匆萩艇謹購孚。
5 、徭失┐犬械B初┐靴腓Δいいたします。 厘栖徭厘初府匯和。
6 、これはわたしの兆缶┐瓩い沓です。 宸頁厘議兆頭。
7 、わたしは川┐蝪と賦┐發Γします。 厘侖川。
8 、表弥┐笋泙寸さんでいらっしゃいますね。 艇頁表弥枠伏杏
9 、暴┐錣燭沓は表弥┐笋泙寸です。 厘頁表弥。
10 、あのかたはどなたですか。 椎了頁豊
11 、こちらは芙L┐靴磴舛腓Γの防云┐泙弔發硲です。 宸頁厘断悳将尖防云。
12 、泳┐れは嶄忽繁┐舛紊Δ瓦じんではありませんか。 麿音頁嶄忽繁宅
13 、泳┐れは嶄忽繁┐舛紊Δ瓦じんではありません。 麿音頁嶄忽繁。
14 、泳┐れは晩云繁┐砲曚鵑犬鵤です。 麿頁晩云繁。
15 、あなたも晩云繁┐砲曚鵑犬鵤ですか。 低匆頁晩云繁宅
16 、そうですか。 頁宅
17 、はい。 頁議。 18 、そうです。 頁椎劔議頁議。
19 、いいえ。 音斤┣司韮。
20 、そうではありません。 音頁椎劔議┣司韮。
21 、いいえ、ちがいます。 音音斤┣司韮。
22 、よくいらっしゃいました。 散哭散哭。
23 、お哭┐爐えにきました。 栖散哭艇阻。
24 、竃哭┐任爐えに歌┐泙ぃりました。 栖散哭艇阻。
25 、お藤┐弔れでしょう。 揃貧仭逗阻。
26 、ちっとも藤┐弔れていません。 匯泣匆音拙。
27 、それはなによりです。 椎湊挫阻。
28 、余嶄┐箸舛紊Γはどうでしたか。 唾余乏旋宅
29 、とても{┐犬紊鵑舛腓Γでした。 載乏旋。
30 、いつ貧今┐靴磴鵑呂ぃをたちましたか。 焚担扮昨宣蝕貧今議
31 、晩云┐砲曚鵤は兵┐呂牽めてですか。 頁及匯肝栖晩云宅
32 、峻┐澆複さんのご栖L┐蕕い曚Γをお棋┐泯ちしておりました。 厘断壓吉棋彭光了議高匝。
33 、わざわざお竃哭┐任爐えしていただき、ありがとうございます。 覚檀蒙吭栖俊侮燕仍吭
34 、お脱┐い修しいところをありがとうございます。 為脱嶄蒙吭栖俊掲械湖仍
35 、晩云┐砲曚鵤に栖┐た朕議┐發てきは 栖晩云議朕議頁焚担
36 、どのぐらいご嵳壓┐燭い兇ぃの嚠協┐茲討ぃですか。 圓協唯藻謹消
37 、屈定┐砲佑鵤ないし眉定┐気鵑佑鵤の嚠協┐茲討ぃです。 圓協屈定賜眉定。
38 、このたび晩云┐砲曚鵤に栖┐ることができて、たいへん耙しく房っています。 宸肝嬬栖晩云湖欺載互佶。
39 、たいへんお返方┐討垢Γをおかけしました。 公艇耶醍軍阻。
40 、どういたしまして。 音喘人賑。
41 、おはよございます。 壼貧挫
42 、こんにちは。 低挫
43 、こんばんは。 絡貧挫
44 、おやすみなさい。 絡芦艇俚連杏
45 、ご┐呂鵤ですよ。 郭傾阻
46 、いただきます。 厘郭傾晴。
47 、ごちそうさま。 覚檀錘棋仍仍
48 、お間挑┐修泙庁でした。 間画記傾音峙匯戻。
49 、ただいま。 厘指栖阻。
50 、おかえりなさい。 低指栖晴。
51 、佩┐ぃってきます。 厘竃肇匯氏隅。
52 、佩┐ぃってまいります。 厘竃肇匯和。
53 、佩┐ぃってらっしゃい。 低竃肇晴。
54 、ご逗今┐ろう┐気泯でした。 仭逗晴。
55 、檻┐をつけて。 弌伉泣。
56 、すぐ栖┐ます。 瀧貧祥栖。
57 、書晩┐ょうはいいお爺檻┐討鵑ですね。 書爺爺賑寔挫。
58 、どうです。 奕担劔
59 、テニスをしませんか。 嬉利白挫宅
60 、書晩┐ょうは氏芙┐いしゃの輝桑┐箸Δ个鵤です。 書爺巷望厘峙萎。
61 、払撰┐靴弔譴ぃです。 斤音軟。払撰阻。
62 、あしたまた。 苧爺需。
63 、どこへ。 欺陳隅肇
64 、お圷檻┐欧鵑ですか。 低附悶挫宅
65 、おかげさまで。 熔艇牽載挫
66 、安┐くさんもお圷檻┐欧鵑ですか。 健繁附悶匆挫宅
67 、ちかごろはおかわりありませんか。 恷除附悶挫宅
68 、あいかわらずです。 附悶挽症載挫。
69 、しばらくでした。 挫消音需阻。
70 、お消┐劼毅しぶりですね。 挫消音需阻。
71 、またお氏┐■いできて耙┐Δ譯しいです。 嬬壅需欺低厘載互佶。
72 、どこへお竃┐韮かけですか。 艇欺陳隅肇
73 、どこへ佩┐ぃくのですか。 艇欺陳隅肇
74 、ちょっと僥丕┐っこうへ佩┐ぃってきます。 欺僥丕肇肇祥栖。
75 、ちょっとそこまで。 欺椎隅肇。
76 、仟凡┐靴鵑犬紊へ佩┐ぃきます。 肇仟凡。
77 、お枠┐気に。 厘枠恠晴。
78 、さようなら。 壅需
79 、ではまた。 壅需
80 、ごめんください。 塁戦嗤繁宅
81 、どちらさまですか。 頁陳了
82 、お秘┐呂ぃりください。 萩序。
83 、どうもすみません。 斤音軟。
84 、どうぞこちらへ。 萩欺宸隅栖。
85 、お舒徴┐犬磴泯します。 嬉氾阻。
86 、どうぞ、おかけください。 萩恫。
87 、これは輿b┐澆笋横です。 宸頁撰瞳。
88 、嶄忽┐舛紊Δ瓦の兆画┐瓩い舛磽を餓┐毅し貧げます。 僕嶄忽兆画公低。
89 、つまらないものですが、お鞭┐Γけ函┐硲りください。 匯泣音峙熱議叫廉萩辺和杏。
90 、ほんの欒孱┐もちばかりです。 匯泣隅伉吭。
91 、そんなに檻┐を聞┐弔わなくてもいいですよ。 音駅椎担人賑。
92 、では、ありがたく鞭┐Γけ函┐硲ります。 椎担厘祥蕃侑仇辺和晴。
93 、あらたまって、そんなことしなくてもいいんだよ。 喘音彭椎担風嶷凪並。
94 、いつもお弊┐擦錚になっております。 悳頁覚檀艇購孚。
95 、それはありがとう。 椎祥仍仍阻。
96 、奮並┐靴腓じの喘吭┐茲Δぃができました。 傾彈姥挫晴。
97 、おなかが腎┐坑いたでしょう。 暁徨偶阻杏。
98 、すばらしいお創尖┐蠅腓Δ蝪ですね。 寔働疏議傾暇亜。
99 、いや、なにもないけれど。 音短焚担辛孃棋議╋廉。
100 、挫┐坑きなものをどんどん孰┐瓧し貧┐■がってください。 浪散郭焚担勝楚郭杏
 
 
101 、お笥┐ちに栽┐■いますか。 栽艇笥龍宅
102 、晩云┐砲曚鵤創尖┐蠅腓Δ蝪はおいしいですか。 晩云暇挫郭宅
103 、みんなとても胆龍┐いしいですね。 畠脅載挫郭。
104 、もっといかがですか。 壅郭匯泣杏。
105 、もう噴蛍いただきました。 厮将郭誼載吋阻。
106 、寄筍┐燭い悗鵤お舒徴┐犬磴泯しました。 湊嬉氾低晴。
107 、払撰┐靴弔譴ぃいたします。 御看阻。
108 、書晩┐ょうは寄筍┐燭い悗鵤ごY恠┐舛修Γになりました。 書爺傾暇湊戟腹晴。
109 、書晩 ( きょうの創尖┐蠅腓Δ蝪は社坪┐ないの返創尖┐討蠅腓Δ蝪ですよ。
書爺議暇畠頁坪繁牌返恂議。
110 、お胤┐曖めにA┐△今かって、ありがとうございまし