在线客服系统

  您的位置: 新干线外语 >> 日语学习资料 >> 浏览文章
 
 
2011年12月日语一级N1真题(打印版)(13)
日期:2013年12月26日  文章作者:佚名

メがたくさん巣をかけると、店は繁盛するといわれた。話は逆であって、繁盛している店にツバメが集まってくるのである。
 今、大都市にはツバメがめっきりすくなくなった。かつてのように、どの通りを歩いていても、子育てのために餌を持ち帰るツバメが飛び交う姿は見られなくなった。おそらくツバメたちは、町そのもののつくりや、人間の存在が嫌いになったのではないだろう。町が人工的にきれいになりすぎて、餌にする虫があまりにも減ってしまったので、町ではひなも育てられなくなったから、都会には棲ま(注1)なくなったのである。
 こういう事例を見ていると、自然保護とか自然との共生ということについて、少し考え直す必要があるのではないか、という気がしてくる。
 多くの動物たちはわれわれが思っていたよりもずっとしたたかである。自分たちの生活の基盤になる条件さえそろっていれば、たとえその条件が人工のものであとうとも、そしてそこをたくさんの人間がうろうろしていようとも、平気で棲みついてしまう。カラスやツバメのように、人間がいることをむしろ利用しているものだって、けっして少ないとはいえない。都市周辺で急速に増えつつあるタヌキやキツネもその例である。人間がいるおかげで豊富な食物がたやすく手にはいるようになった。命がけで食物を探す必要はなくなったのだ。
 けれど、都市化によってツバメは餌を失った。モンシロチョウ(注2)は日なたを失った。
(注1)棲む:住む    (注2)モンシロチョウ:チョウの一種類     (注3)アメンボ:昆虫の名前
(注4)
富栄養化ふえいようか:栄養のある物質がたまり、小さい生物が異常発生する状態になること
65 ツバメが人家の軒先に巣をつくる理由として適当なのはどれか。
    1 人家の軒先では、ツバメが子育てに必要な
えさを得ることができるから
    2 人家の軒先は、店の軒先ほど人の出入りがひんぱんではないから
    3 ツバメの天敵であるスズメが、常に人間を恐れて近寄らないから
    4 ツバメの嫌うスズメが、人のいるところではひなを育てないから
66 筆者によると大都市でツバメが少なくなったのはなぜか。
    1 森や林が失われたから        2 巣をつくりにくくなったから
    3 カラスやスズメが増えたから    4 食物を得るのが難しくなったから
67 多くの動物たちはわれわれが思っていたよりもずっとしたたかであるとあるが、どのような点でしたたかだと筆者は考えているか。
    1 都会であっても森や林があれば巣を作る    2 生きるための条件が整えば都会で生活する
    3 都会であっても
えさがなければ命がけで探す  4 人間を避けることができれば、都会にみつく
68 この文章で筆者が言いたいことは何か。 
    1 都会を去った動物たちが再び人間と共生できるような対策を

 
 
相关栏目
             
  日语等级   日语真题   培训课程  
             
  海外资讯   名师中心   在线咨询  

最新课程
 
2021年日语高考培训班,日语高考轻 
2021年高考日语讲师孵化班(包就业 
2021年3月新干线日语 爱知业余晚 
2021年日语学习,日企工作口语速成 
2021年日本大学留学课程指导周末 
2021年日语高端课程N2-N1全日制班 
2021年日语口语一对一教学VIP班 
 

最新文章
 
新手攻略:日本留学行李收纳技巧篇 
马上要去日本留学的你,行李箱里一定不能少了 
日本入管局只承认这三种日语考试成绩! 
海阔凭鱼跃 线上和富岳 
知心学长写给日本留学生的5条建议 
日本各大重点大学的留学申请条件 
高考后怎么办理日本留学 
非日语专业的学生怎样去日本留学 
 

网站首页 | 新干线简介 | 人才招聘 | 联系方式 | 留言本
 

地址:沈阳市皇姑区长江街15号 新干线外国语培训学校

www.xgxedu.com 版权所有: 辽ICP备13015569号

 

在线客服系统