在线客服系统

  您的位置: 新干线外语 >> 日语培训栏目 >> 浏览文章
 
 
为什么日本人如此在意自己的外表呢?
日期:2017年03月22日  文章作者:新干线日语培训班

  海外生活をすると、日本にいた頃よりも見た目を気にしなくなる。

  比起在日本,在海外生活的时候并不那么注重外表了。
 

  「海外生活をして変わった自分の性格」に、これを挙げる海外在住者は多い。筆者も日本にいた時と比べると、あまり人からどう見られるかを気にしなくなった。しかし、逆に日本に一時帰国したときなどは周りの目が気になって仕方がない。同じ人間がこのように違った感覚を抱くのだから、これはもう性格の問題というよりも環境の問題で、日本独自の環境が「見た目重視の人間をつくる」と言ってもいいのではないだろうか。

  《在海外生活而改变的自己的性格》中,有很多海外居住的人也是这样的。笔者跟在日本的时候相比,也不太在意别人怎么看了。但是,反过来一回到日本,就又不得不在意大家的目光了。看来大家都抱着这样的感觉,这已经不是性格的问题,而是环境问题了。也可以说日本本身的环境“创造重视外表的人类”。

  そこで今回は、日本の環境のどんなところが「見た目を気にしすぎる人」を生み出すのかに焦点を当て、その理由を6つ考えてみた。欧米との違いを参考にしながら、日本人が見た目を気にしてしまう原因を探ってみよう。

  因此这次,把日本环境中的哪些地方创造出了“太在意别人眼光的人”这个问题做为焦点想到了6个理由。一边做为和欧美区别的参考,一边探索导致日本人如此注重外表的原因。
 

  1.日本人の見た目に多様性がない

  日本人的外表不富多样性

  筆者の住んでいるフランスと日本の一番の大きな違いといえば、そこに住む人の多様性である。フランスは移民も多く、特に外国人の多いパリでは白人、黒人、アラブ人、アジア人、エスパニックと人種のレパートリーも多い。それに加え、白人だけの見た目を観察してみても、背が高い人もいれば低い人もいるし、太った人もいれば痩せた人もいる。瞳の色はブルー、グリーン、ブラウン、ブラックと様々だ。髪の毛の色も、金髪、茶髪、赤毛、黒とバラバラであり、肌の色も人によって大きく違う。

  如果谈到笔者居住的法国和日本最大的区别,就在那里的人的多样性。法国有很多移民,特别是外国人很多的巴黎,人的种类很多,有白人,黑人,阿拉伯人,亚洲人,埃斯人等等。此外,如果只看白人外表的话,有个子高的,也有个子矮的,有胖的,也有瘦的。瞳孔的颜色也是各种各样,有蓝色,绿色,棕色,黑色等等。头发的颜色也大有不同,有金发,茶色头发,红头发,黑头发。皮肤的颜色也有很大差异。

  それに比べると、日本人は白人に比べて、見た目にあまり差がない。外国人やハーフが少ないことに加え、身長・体重などの体格の違いもなく、目の色も髪の色も大体の人が同じだ。目の大きさ、鼻の形、肌の色、手足の長さも違いが小さい。このように日本人は、見た目にあまり多様性があるとは言えない人種なのである。

  相比之下,日本人和白人比的话,看起来没什么不一样。外国人和混血都比较少,也没有身高、体重等体格上的不同,眼睛和头发的颜色也大体上一样。眼睛的大小,鼻子的形状,皮肤的颜色,手足的长度这些方面差异很小。所以说日本人,并不是外观上有着多样性的人种。

  日本人がみんな同じような見た目だからこそ、他とは違うアイデンティティを求め、“比べあいっこ”が始まるのではないだろうか。電車に乗って、隣に座る人が黒人やアラブ人だったら自分の外見と比べようとは思わない。似たような背格好の人が隣に座るから、自分の見た目が気になるようになる。海外でアジア人が近くにいると、比べられているような感覚になるのはこのためだ。

  日本人正因为都是同样的外观,所以追求和其它人不一样的身份,所以开始了“对比游戏”。坐在电车里,坐在旁边的人是黑人或者阿拉伯人的话,就不会作对比了。如果是的身高跟自己差不多的人坐在旁边,就会很在意自己的外表了。因此,在海外,如果有亚洲人在旁边的话,就会感觉在被比较。

  最初から外見の何もかもが違う人間とは”比べる”ことはないし、競争心も生まれない。隣にいる、自分と少し似ている奴よりも少しでもよく見られたいと思うから競争心が生まれ、見た目を気にすることにつながるのではないだろうか。

  最初的时候,并没有想过和那些外表和自己完全不一样的人作对比,更不会有竞争的心。如果有的人就在自己的身边,和自己稍微有点相似,就希望自己多被看两眼,所以产生了竞争心,也就开始注重自己的外表了。
 

  2.服装の自由がない

  着装不自由

  見た目の違いがないのに加え、日本では服装の制限が厳しい。幼稚園から高校まで学校制服を着なくてはいけないし、就職した後も服装や髪の毛、化粧、ネイルに至るまでファッションの制限は欧米に比べると、とても厳しい。制服を用意されている会社も多く、服装で自由に個性やアイデンティティを表現する機会が奪われている。

  日本不仅在外表上没有区别,还对服装有严格的限制。从幼儿园到高中必须穿学校制服,就职后,服装、头发、化妆、甚至到美甲都比欧美要严格得多。有很多公司会准备制服,在穿着方面,自由地显示个性和身份的机会都被剥夺了。

  身体的特徴がほぼ同じで、しかもファッションも同じ。日本人はみんな同じような見た目になるから、「小さな違い」が際立つようになる。ちょっと目が大きい、ちょっと胸が大きい、肌がきれい、髪がきれい…。他人との区別の仕方が細かくて繊細な外見的特徴に集中する。だから、日本人は周りの人よりも良く見せるためのファッションや髪型、スキンケアなどの手入れに余念がなくなるのだ。

  身体的特征几乎一样,而且服装也一样。日本人都变成了同样的外表,“小差异”也会变得更突出。眼睛有点大,胸部丰满,皮肤很细腻,头发很干净等等。与他人区别的方法,集中在纤细的外表特征上了。因此,比起身边的人,日本人会更加展现时尚和发型以及对护肤等的保养。
 

  3.キャラ設定

  角色设定

  集団主義社会の日本では、コミュニケーションの場における振舞いも「他人からどう見られているか」がベースとなっている。集団における登場人物の性格やバランスを見て、自分の立ち振る舞い=キャラを設定する。このキャラ設定は、自分が他人からどう見られているかという第三者的な観察力がないとできない。

  在集体主义社会的日本,交流场合的举止也会很注重“他人怎样看待”。通过看集体中登场人物的性格和平衡,来设定自己的行为=角色设定。这个角色设定,需要一个第三者的观察能力,才能知道别人是怎样看待自己的。

  つまり、日本的コミュニティでは、他人からどう見られているかがわからないと、立ち振る舞いもわからないということだ。自分のポジションや役割を理解し、集団のなかでうまく立ち回ろうとするから、他人の評価に直結する外見が気になるようになる。ある意味、見た目を気にすることは、日本社会でうまく立ち回るためのエチケットともいえる。

  总之,在日本社会,必须要知道别人怎样看你,也要知道怎样采取好的行为举止。认知自己的地位和作用,想要在集体中谋取一席位置,就必须重视和别人的评价有直接关系的外表。某种意义上,注重外表这件事,是在日本社会的立足之本。

  反対に、個人主義社会の欧米は、基本的概念が「他人は他人、自分は自分」なので、キャラ設定をしようとは思わない。集団のなかでどういう役割を演じるかよりも、対個人とのコミュニケーションや自己表現に意識が集中する。

  相反的,个人主义社会的欧美,基本概念是“别人是别人,自己是自己”,所以从来不会想角色设定。比起在集体中发挥了怎样的作用,更集中注意个人交流和自我表现。
 

  4.他人のこともよく見ている

  经常观察别人

  日本人は、他人の目を気にするだけでなく、他人のことも非常によく見ている国民だ。日本人が駅のホームで行列をつくるとき、まるで軍隊の整列かのようなきれいなラインをつくるが、これは一人一人が他人の動きに注目していないとできないことである。

  日本人不仅在意他人的眼光,也是经常观察别人的人。在日本车站站台排队的时候,就自觉地形成了像军队一样漂亮的一条线,这也需要必须关注别人的动向的。

  社会でうまく立ち回るため、他人の動きや立ち振る舞いをよく観察する日本人は、自分が観察されていることも理解している。自分が他人のことをよく見ているから、相手にも見られていると感じ、これが欧米人に比べて日本人が見た目を気にしてしまう原因に結びついている。

  为了能在社会立足,经常观察他人的动作和举止的日本人,也明白自己也是被关注的。因为自己经常看别人,所以别人也会看自己,这就是与欧美人相比,日本人注重外表的原因。

  「他人は他人、自分は自分」の欧米では、他人からどう思われているかを気にしない代わりに、他人の行動も気にしない人が多い。他人のすることは、自分には関係ない。事実、海外に住む日本人は自分だけでなく、周りの人の見た目も気にならなくなる。

  “别人是别人,自己是自己”的欧美,很多人不在乎别人的眼光,也不在意别人。别人的事,和自己无关。事实上,住在海外的日本人不仅是自己,也不在意周围的人。
 

  5

  “らしさ”概念の欠如

  缺乏身份概念

  日本ではあまり貧富の差を感じることがない。一億総中流の日本では9割以上の国民が自らの生活程度を「中」であると感じている。このような社会では、ヨーロッパで見られる“階級”の概念がないため、身分相応に行動しようという意識がなくなってしまう。

  在日本基本上感觉不到贫富差距。在1.5亿左右的日本人中,有9成以上的国民认为自己的生活程度为“中等”。这样的社会,没有欧洲眼中的“阶级”概念,所以也没有那种采取与身份证相符的行动意识。

  食費を削って高級ブランドのバッグを買ったり、パートで働きながら息子のエリート私立学校の学費を稼いだり、ファミリーレストランで500円のランチを食べてくだらないクレームを出したり…。日本では、あまりにも「身分不相応」な行動をする人が多いように思う。何が自分の身の丈に合ったものか自体、自分でわかっていない人が多い。

  节省饭费买高档品牌的包,边做兼职边给儿子攒精英私立学校的学费,在家庭餐厅吃500日元的午餐却点了毫无价值的冰激凌…。在日本,我认为有很多人采取与自己身份不符的行动,什么是适合自己的东西这种问题,很多人自己都不知道。
 

  日本国民の大多数が自分を中流階級だと考える一億総中流社会は、みんなが上を目指せと言われる社会でもある。お金持ちと自分は違うという意識はなく、国民全体で上を目指し、また流行を追う。

  日本国民大多数都认为自己是中流阶级的一亿总中产社会,也是被大家称为“要向前努力的社会”。没有那种“有钱人和自己不一样”的意识,国民全体一起努力,就又开始赶潮流了。

  テレビで見たおしゃれなセレブのファッションを、そのまま真似るOLがいるのはこのためだ。「自分らしくあろう」という概念がないのである。働く必要がないほどお金持ちなセレブを、月給20万円のOLが真似をするというのはとても息苦しい。

  因此,有的女职员直接模仿电视上看到的时髦的名流时尚。没有“做得像自己吧”这样的概念。月薪20万日元的女职员模仿一个没有必要工作的有钱人实在有点困难。

  階級の違いという概念がないから、自分の身分が理解できず、みんなが上を目指そうとする。そのなかでも、「私は成功している」ことを証明をしようとして、「見栄」が生まれる。見栄があるから、ブランド物で身を固め、見た目に気をつかう。見栄が、「見た目を気にする国民性」に拍車をかけるのだ。

  因为没有“阶级”的概念,所以不知道自己的身分,大家都把往上走作为目标。其中,为了证明“我是成功的”,“虚荣”就诞生了。因为虚荣心,所以用品牌来显示自己,也相当注意外表。虚荣,也是为了促进“注重外表的国民性”。

  もし、日本人に階級が違うというという意識があれば、女性ファッション誌の見出しで「セレブの通勤服」のような矛盾したうたい文句を目にすることはないだろう。一億総中流意識は、「私はこれでいい」という自己肯定感を奪い、見栄と必要以上の自意識を生んでしまっているように思う。

  如果,日本人明白阶级差异的话,就不会看到在女性时装杂志的“名流的通勤衣服”的标题所引起的矛盾和抱怨了。一亿总中流意识就是剥夺了“我认为这样就好了”的这种自我肯定,而产生了这种必需之外的虚荣意识。

  ここまで、日本人が見た目を気にしすぎる理由を挙げたが、見た目を気にすることは何も悪いことばかりではない。見た目を気にするというのは、「他と同調しよう」という協調性の表れでもあるし、他人への思いやりだということもできる。

  到现在我列举了很多日本人特别注重外表的理由,但我并不是说注意外表的事情都是坏事。注意外表这种事情是“与他人调谐”的协调性的表现,也可以说是对他人的注意。

  ただ、見た目を“気にしすぎる”人はこんな日本社会の構造を知っておくといいかもしれない。過剰な心配や不安はいらない。誰だって環境次第で、外見を気にする人にも、気にしない人にもなれるのだから。

  但是,“太过于注重外表”的人也许知道这样的日本社会结构就好了。不需要过多的担心和不安。无论是谁,都会被环境所改变,会有在意外表的人,也会有不在意外表的人。

 
 
相关栏目
             
  日语等级   日语真题   培训课程  
             
  海外资讯   名师中心   在线咨询  

最新课程
 
2021年日语高考培训班,日语高考轻 
2021年高考日语讲师孵化班(包就业 
2021年3月新干线日语 爱知业余晚 
2021年日语学习,日企工作口语速成 
2021年日本大学留学课程指导周末 
2021年日语高端课程N2-N1全日制班 
2021年日语口语一对一教学VIP班 
 

最新文章
 
新手攻略:日本留学行李收纳技巧篇 
马上要去日本留学的你,行李箱里一定不能少了 
日本入管局只承认这三种日语考试成绩! 
海阔凭鱼跃 线上和富岳 
知心学长写给日本留学生的5条建议 
日本各大重点大学的留学申请条件 
高考后怎么办理日本留学 
非日语专业的学生怎样去日本留学 
 

网站首页 | 新干线简介 | 人才招聘 | 联系方式 | 留言本
 

地址:沈阳市皇姑区长江街15号 新干线外国语培训学校

www.xgxedu.com 版权所有: 辽ICP备13015569号

 

在线客服系统